相談内容

執拗な勧誘

断わっているのに何度もしつこく電話をしてきたり家や会社にまで来る。

適合性原則違反

会社員等で仕事がある為、相場の変動を頻繁に見られない方や、資金に余裕が無くなったのに強引に取引を継続させられている方、年金生活者や、一定の収入の無い方で取引をしている(させられている)。

説明義務違反

取引員からの説明(委託のガイド等で)を聞いたが、リターン(良い事)の説明だけでリスク(危険性)の話はほとんどない。取引員に強引な営業をされて断りきれず色々な書類に署名押印してしまった(させられた)。

両建ての勧誘

取引員より「売りと買いの両方を持つとこれ以上の損金はでません」・「保険を掛けましょう」等のことをしつこく勧められた。

一任売買・無断売買

こちらの意見はほとんど通らないので、取引員の好き勝手な取引になっていた。そして、勝手に売買されていた。

仕切り拒否

なかなか取引を止めさせてくれない。「今止めたらかなりの損がでます。」等のことを言われ止めさせてもらえなかった。

※他にも色々とありますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

解決できる、お金が返還される、止められる…などなど、被害者の方たちを救い出せる方法はきっとあるはずです。

泣き寝入りなんて絶対してはだめですよ!

Copyright © 2018 南堀江法律事務所 All Rights Reserved.

〒550-0015 大阪市西区南堀江1丁目11番5号 ナカムラビル6階,TEL 06-6110-9789・FAX 06-6110-9792

ページの先頭へ戻る